pixta_14643965_L

これを知らないと仕事にならない。コーヒーの選び方


こだわりのカフェを名乗るからには内装だけでなく、提供するコーヒーにもしっかりこだわりたいですよね。しかし、コーヒーにこだわるにはどういったところに注目すればいいのでしょうか。今回はカフェにとって一番大事なコーヒー選びについて紹介します。

コーヒーの重要性

言うまでもなくカフェにとってコーヒーはとても重要な存在です。色々なタイプのカフェが模索されているとはいえ、多くの人にカフェ=コーヒーのイメージはまだまだ根強く残っています。自分がカフェのオーナーになる時にお茶や紅茶を主体にするようなカフェではなく、こだわりのおいしいコーヒーを売りにしようするならじっくりと長い時間をかけて納得のいく一杯を探しましょう。カフェにとってコーヒーとはそれだけの時間をかける価値のある存在なのです。
提供しようとするコーヒーによっては設備を追加する必要や、仕入先を探すなどの要素もでてくるため、一番初めに取り掛かるべきポイントともいえます。まずは自分がお客さんにどういったコーヒーを飲んで欲しいか、自分がどのようなコーヒーを出したいかをイメージするところからはじめましょう。

コーヒー豆

コーヒー淹れるときに一番重要な要素ともいえるのが「コーヒー豆」です。コーヒーは豆の種類によってガラリと味を変える奥の深い飲み物で、最近は豆の種類が増えたこともあってなかなか選びづらいと思います。お気に入りの豆を選ぶため、まずは「ロースト」と「ブレンド」の2つのポイントに注目しましょう。

ロースト

ローストは豆の煎り具合を指す言葉で、おおまかに言ってしまえば浅煎りは酸味が強く、深煎りは苦味が強くなります。豆の煎り具合は「ミディアムロースト→ハイロースト→シティロースト→フルシティロースト→フレンチロースト→イタリアンロースト」の順番に深くなるので覚えておきましょう。

ブレンド

ブレンドは豆の混ぜ具合を指しています。単一の豆の場合は「ストレート」とよばれます。ブレンドをするとストレートにはない複雑な味わいや、希望通りの味を表現することができます。はじめての場合は既にブレンドされたものから選ぶことになると思いますが、いずれはオリジナルブレンドを作ってみると店の個性のひとつになると思います。ロースト具合や豆のブレンドを考えると、組み合わせはまさに無限大になるので、自分が求めるコーヒーを探すのは実はとても大変なことなのです。

コーヒーの淹れ方

目当ての豆が見つかったら、次は「淹れ方」にこだわってみましょう。最近ではコーヒーマシンを使ってコーヒーを淹れる人もいますが、コーヒーマシンも種類がたくさんあり、「ドリップ式」、「エスプレッソ式」、「サイフォン式」などで仕上がりにも大きく差がでます。自分のイメージするコーヒーに近いものを根気よく探しましょう。
また、コーヒーマシンではなくハンドドリップ(機械ではなく道具を使って自分で淹れる)でコーヒーを淹れる場合は方法にこだわるのもいいですが、安定した味を提供できることも重要になります。ハンドドリップの場合だとコーヒーの味は変わりやすくなるため、何度も練習して安定した美味しさを提供しましょう。

変わったコーヒーをつくる

一風変わったコーヒーをメニューに加えてみるのもいいかもしれません。生クリームを加える「ウインナーコーヒー」や、世界文化遺産に登録された「トルココーヒー」などは知識と経験がなければできませんが、メニューにあるだけでコーヒーにこだわっている店だということが伝わります。色々調べたり、カフェで実際に飲んだりして参考にしてみましょう。

おわりに

今回はコーヒーの選び方について紹介しました。コーヒーはとても奥の深い飲みものなので、初心者の場合なかなか分かりづらいと思います。近くにコーヒーの仕入れ業者の人やカフェのオーナーをやっている人、バリスタの資格を持っている人がいるなら詳しく話を聞いてみましょう。長い時間をかけてこだわったコーヒーは看板メニューとして大活躍してくれます。

投稿者:

エアカフェ

エアカフェ

カフェ開店実現したい人向け情報サイトのエアカフェです!その妄想をカタチにするための情報をお届け致します!