Handsome Barista Coffee Shop Smiling Concept

カフェオーナーになるにはどうすればいいか


最近は、海外からオシャレなカフェが多数進出し、連日長蛇の列を作るカフェが多く見られます。工夫を凝らしたメニューや内装などを見て、カフェオーナーに憧れた人は少なくないのではないでしょうか。しかし、実際にカフェを経営するとなると、必要な資格や値段のつけ方、用意する設備など知らないことが多いものです。今回はカフェオーナーになるために必要な準備について紹介します。

まずは経営者の視点を持つ

自分のカフェを持ちたい人は様々なところにこだわり、居心地がいい空間をつくろうとします。カフェを作り上げるうえでは非常に重要な観点ではありますが、店鋪経営するにはそれ以上に儲けがしっかりでるという観点が重要になります。いくら内装やメニューにこだわっても、あまりお客さんが来なかったり、売れたときの利益が少なすぎるとせっかく作り上げた自分のカフェも長続きせずに店を畳む羽目になってしまいます。
夢を一瞬で終わらせないためにも、まずは経営学などをしっかり学び、店鋪の運営ができるようになりましょう。

資格を取得する

カフェに限った話ではありませんが、飲食店を開業するには「食品衛生責任者資格」を1店鋪に1人は取得していなければいけません。「食品衛生責任者資格」は決められた講座を受けることで取得できるので、取るのが難しい資格というわけではありません。調理師免許などを既に取得している場合は、食品衛生責任者資格が付随しているので、改めてとりに行く必要はありません。
その他に「防火管理者」の資格も必要になります。食品衛生責任者資格と同じく講座を受けることで取得できますが、甲と乙の二種類があり、開く予定のカフェの規模によって変わってきます。
そして、本格的に開業する前には「営業許可申請」を提出しておく必要があります。「営業許可申請」は資格ではありませんが、開業する前に保健所に提出するもので、決められたいくつかの書類を提出すると、保健所から担当の人が来て安全面などのチェックをして、飲食店として問題ないかを審査します。問題が指摘された場合は改善してもう一度検査を受ける必要があります。
問題がなければ営業許可がおり、カフェをスタートすることができます。

カフェ開業講座を利用する

カフェの開業を考えている人が増えているためか、最近では「カフェ開業講座」というセミナーも開催されています。カフェを開業したことのある人、カフェの経営が成功している人などが主に講師になってそのノウハウを教えるといったものや、通信教育型のものなど色々な種類があります。講義内容もたくさんあり、経営や資金に関するもの、メニュー考案のポイント、店鋪実習などがあるので、カフェの開業を考えているなら一度受けておく方がいいかもしれません。

情報収集をする

カフェの開業した人の体験談やカフェ経営のノウハウ本をチェックして情報収集をしっかりすることも大事なポイントです。レイアウトやメニューの参考になるのはもちろんですが、多くの人の開業時の話を頭に入れておくことは自分の開業時にかなり役に立つでしょう。先程のカフェ開業講座への参加や、実際にカフェでバイトを経験などをすることで、他では聞けない貴重な情報が手に入ります。

その他

カフェオーナーにとって、上記のほかにもまだまだ必要なことはたくさんあります。カフェのイメージに合った物件を探す、店の名前を決める、メニューの種類や値段を考える、従業員を何人雇って時給はいくらにするかなど、やることはたくさんです。大変ですが、そうして作り上げた「こだわりのカフェ」は必ず満足のいく仕上がりになるので、焦らず着実に進めていくことが重要です。

おわりに

今回はカフェオーナーになるために必要な準備について紹介しました。多くの人が憧れる職業ではありますが、道のりは決して楽ではありません。しっかり下調べや情報収集をして、夢のカフェオーナーを目指しましょう。

投稿者:

エアカフェ

エアカフェ

カフェ開店実現したい人向け情報サイトのエアカフェです!その妄想をカタチにするための情報をお届け致します!